飼育日誌

「飼育日誌」とは

「飼育日誌」は、当園の飼育員や獣医が日々動物の飼育記録を行っている業務のデータベースからの抜粋です。
園内で無料配布してている「でっきぶらし」にも掲載していますが、ホームページ版ではさらに情報が追加掲載されています。

絞込検索

期間 日~
キーワード
※スペースで区切って複数語の検索ができます。

全 8,259 件 中 8,151 ~ 8,175 件

 « 前のページへ | 次のページへ »  

2005.05.03
オシドリ 無印の巣箱にアオダイショウが入っており、卵1個を捕食される(朝、捕まえる)。この為、抱卵中の数が3個となる。

2005.05.03
ゴールデンウイークの為、観客が通常よりかなり多い為か、ガラス張り個室の各鳥類が、全体的にやや神経質になっている感じがした。

2005.05.03
ヒョウモントカゲモドキ 産卵1個。

2005.05.02
動物病院の吹き矢体験イベント実施(13:25〜14:10)。約80名参加。的に命中した人には、吹き矢体験証明証とクジャクの羽根をプレゼント。年齢問わずに皆さん楽しそうだったので良かった。

2005.05.02
シセンレッサーパンダ ナラ(♀)朝巣材を巣箱の中で動かしている。外に出たがらないので舎内でリンゴ与える。10:30に外を気にするので放飼場に出すが10秒もしないうちに部屋に戻る。一日中舎内、体重8.38kg(+300g)、シュウシュウ(♂)5.88kg(-60g)。

2005.05.02
マサイキリン トッポ(♂)朝、左前肢が震えていた(一度だけ)。夕方にかけて、今までより右前肢に荷重をかけている。

2005.05.02
カナダガン 朝、ヒナが通路に出る。昼にはヒナ1羽しか確認できない。

2005.05.02
ミツユビハコガメ(♀)首筋を痛める。レントゲン撮影、注射治療。

2005.05.01
ふれあい ヒヨコ、ウサギ、モルモット、パンダマウス、カメ、ニシキヘビ、アオダイショウ(展示) 10:30〜12:00、13:15〜15:00

2005.05.01
インドニシキヘビ きょうこ(♀)とアオダイショウ ダイちゃん展示。

2005.05.01
バーバリシープ 餌(人参)のプレゼント実施。

2005.05.01
マレーバク ミライ(♀)蹄治療中のため室内飼育。身体をさすり10分間寝かせて治療する。

2005.05.01
カナダガン ヒナ2羽確認。

2005.05.01
アジアゾウ ダンボ(♀)、シャンティ(♀)「おやつのプレゼント」実施。60組、106名参加。カボチャの採食悪い。プール入れの放送を入れると約200名集まる。

2005.04.30
マレーバク 足治療中、ミライ(♀)胎動らしきものを確認(横腹が不規則にボコボコと動く)。

2005.04.30
ダチョウ (♀)運動場にて産卵1個。

2005.04.30
チンパンジー リズ(♀)とキーコ(♀) 鼻づまりしていて、れんげ(♀)は鼻汁が出ている。

2005.04.30
多摩動物公園より3名オランウータンの返還について視察来園する。

2005.04.30
アジアゾウ ダンボ(♀)朝のみターゲットトレーニング(昼は土を飛ばすので中止)。朝のターゲット後、フスマを給餌する。シャンティ(♀)左右の牙、膿は出ていない。左右耳、下部先端部皮膚が再生してきている。左下腹部の皮膚の白化は、本日は目立たない。昼の調教開始早々、自らプールに入る。昼の調教後、カボチャを給餌する。昼の調教、プール入れの放送を入れると多数の来園者が集まる。プール入れの際は、NHKの取材もあり。

2005.04.29
本日よりゴールデンウィーク突入、晴天に恵まれ多数の来園者が望まれれる。シャトルバス運行始まる(5月5日まで)。

2005.04.28
モモイロインコ 産卵1個、破卵している。部屋の入り口をふさいで♂♀別居させる。

2005.04.28
ライオン キング(♂)食事風景説明を放送入れて行う。40名集まる。

2005.04.28
FM K-Mix取材(アジアゾウについて)。

2005.04.28
ワライカワセミ 産卵1個。室内、池側の石の上で破卵していた。

2005.04.28
ツクシガモ 老個体(♂)右眼の腫脹部がはぜて、また元の状態にもどる(ただし白内障はひどい)。

最初   321  322  323  324  325  326  327  328  329  330  331 最後

ページの先頭へ