飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

小型のカンガルー

ベネットアカクビワラビー

哺乳綱 有袋目 カンガルー科

日本平動物園では

ドコ(♂) 2014年3月26日姫路セントラルパーク生まれ
ハコベ(♀)2017年12月23日遊亀公園附属動物園生まれ
ハル(♂)2020年12月18日当園生まれ(ハコベの仔)
ウララ(♀)2021年1月12日当園生まれ(スズシロの仔)
※誕生日は初認日(育児嚢から初めて顔を出した日)です。

※スズシロ(♀)は2021年9月29日に死亡しました。
※ノドカ(♀)は2021年10月11日に高知県立のいち動物公園へ出園しました。

一般的には

【生息地】
オーストラリアの森林地帯

【食べ物】
(自然)草類、木の葉、樹皮など
(動物園)木の葉、サツマイモ、ニンジン、リンゴ、青菜、白菜、ペレットなど

【大きさ】
頭胴長:♂約80cm、♀約70cm  体重:♂約15kg、♀約12kg

【特 徴】
カンガルーの小型の種類をワラビーといい、ワラビーの中では最大の種。背側の首の毛が赤色のため、アカクビワラビーと呼ばれる。

【生 態】
妊娠期間は1か月ほどで、仔は体重およそ1gの超未熟児で生まれる。生まれてすぐに自力で母親の育児嚢(お腹の袋)に入り、生後5~10か月ほど袋の中で母乳を飲んで育つ。

飼育日誌より

2021.11.12
ベネットアカクビワラビー ネズミモチの枝葉を与える。まあまあ食べるがカシの方がよく食べる。

2021.05.05
ベネットアカクビワラビー ハコベの仔、母親の袋から外に出る。物音がすると袋に戻ろうとするが、体が大きくてなかなか入れない。

2021.03.29
ベネットアカクビワラビー スズシロ(♀)の仔、袋から出てひとりでエサを食べている。

2020.04.05
ベネットアカクビワラビー スズシロ(♀)の赤ちゃん、一瞬だけ全身外に出る。出たことに自分で驚いた様子で、すぐに袋に戻る。

2019.07.27
ベネットアカクビワラビー 11:00~ランチタイムのイベントを行う。カシ、クワ、モミジ、タンポポ、ドクダミ、ツユクサを与える。よく食べる。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ