飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

キャンキャンと鳴くトンネルを掘るリス

オグロプレーリードッグ

哺乳綱 齧歯目 リス科

日本平動物園では

♀チハル 2017年4月16日生まれ
♂テッツ 2017年4月16日生まれ
♂ムサシ 2018年4月8日生まれ
♂ハルタ 2018年4月8日生まれ
♀マキ  2018年4月8日生まれ
♀ワラビ 2020年生まれ

一般的には

生息地  北アメリカ大陸の草原
食べ物  (自然)草や草の根 種子 木の実 穀物
     (動物園)青菜 乾草 ニンジン ペレット
大きさ   体長:30~40cm(尾長:5~10cm)  体重:0.7~1.4kg
生息数   100~200万頭
特 徴   体は円筒状で地下で生活しているため前足の爪は頑丈。プレーリーとは草原という意味で、鳴き声が犬に似ていることもありプレーリードックとよばれている。

生 態   平原の地面にいくつものトンネルを掘り、その中にいくつか巣部屋を作って暮らしている。巣部屋は隠れ場や寝室、育児、トイレなどに分かれている。巣の入り口の周りに土を盛り上げ高くしているのは、敵を見張るためや雨水が巣に入らないようにするためである。大きな集団を作ってくらしていて、1つの家族は、オス1頭に対してメス3~4頭と子からなり10~20頭の群れを作っている。発情期には、オスメス共に気が立って、餌も食べなくなることがある。

飼育日誌より

2022.07.15
プレーリードッグ 朝寒かったのか小さい巣箱に8頭みっちり詰まって寝ていた。終日保温灯をつける。雨だったがシュートを開けておくと、わらび(♀)とセルリー(♀)は変わらず外に出る。

2022.05.24
プレーリードッグ 楽寿園から来園の個体、検疫を終えて本日よりふれあい動物園で飼育開始。

2022.03.05
プレーリードッグ テッツ(♂)天気が良くて気分が良かったのか、パドックで思いっきり土を掘っている。

2022.02.04
プレーリードッグ わらび(♀)手渡しでニンジンは食べるが、ペレットは受け取った後にそっと置く。

2021.09.28
プレーリードッグ チハル(♀)テッツ(♂)マキ(♀)冬毛が生えてきた。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ