飼育日誌

一覧へ戻る

« 前の動物へ次の動物へ »

寝てばかりなのは百獣の王のあかし

ライオン

哺乳綱 食肉目 ネコ科

日本平動物園では

♀ ムール(2006)富士サファリ生まれ、2010年来園
♂ ギル(2017)富士サファリ生まれ、2020年来園
アフリカのサバンナ、茂みのある岩地、乾いた平原などに群をなして生活しています。オスはたてがみが発達し、その威厳から「百獣の王」と呼ばれています。

威厳たっぷりのギルですが、食べること遊ぶこと大好きなお茶目な一面も。気が向けばガラス越しに来園者にちょっかいをかけることも!
一方、ムールは日本平動物園に来て11年目のベテランライオンです。なかなか気難しいところがありますが、発情期になると一転して担当者にすり寄ってきます。岩場の上で日向ぼっこをするのが好きです。
  

一般的には

【生息地】
アフリカとインド北西部

【食べ物】
(自然)アフリカ水牛、シマウマ、鳥類、爬虫類など。
(動物園)馬肉、鶏頭、鶏肉、鹿肉、レバー

【大きさ】
頭胴長:♂170~250cm ♀140~175cm  尾長:♂70~105cm ♀60~100cm  体重:♂150~250kg ♀120~180kg                      
【寿 命】
15~20年 性成塾:2~3年

【生息数】
インドライオンは約500頭(絶滅寸前種)。アフリカには多数。

【特 徴】
オスはメスよりもずっと大型で、たてがみのほか、ひじやかかと、それに腹面に長い毛が発達している。

【生 態】
夜行性。日中は暑いのでめったに狩りをしない。一日のうち20時間は休憩。強いオスと複数のメスとの子供たちからなる群れを作っているライオンの場合、普通狩りはメス達の仕事である。狩りの成功率は15~20%で、ブチハイエナの獲物を横取りすることも多い。オスは縄張りや群れを守るのが主な役目。動物園では食事の心配がないので昼間は寝てばかりだが、野生でも狩りの時以外は寝てばかり。満腹になると悠々寝ていられるのは、天敵がいないライオンならでは。

飼育日誌より

2021.08.04
ライオン ムール(♀)本日15歳の誕生日。肉で文字を作ったが、先に「1」だけ食べてしまい、5歳のようになってしまう。

2021.07.15
ライオン ギル(♂)遅めの誕生日プレゼントで丸鶏を与える。真っ先にかぶりつく。

2021.06.09
ライオン ムール(♀)朝、新しい丸太に抱きついていた。

2021.05.15
ライオン ギル(♂)ツタの跡がついたネズミモチの太枝入れる。喜んで遊ぶ。

2021.03.26
ライオン ギル(♂)丸太を1時間咥えて遊んでいた。

でっきぶらしより

« 前の動物へ次の動物へ »

一覧へ戻る

ページの先頭へ